美肌のために、やめること【お肌は触らないほど綺麗になる】

触らない美容

お肌は、触らないほど綺麗になります。
「触る」という行為が、もうダメージになるからです。
それをやめることのメリットがいかに大きいか、お伝えしたいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

真の美容は、引き算です✨
まずは、やってはいけないこと、やらない方がいいかもしれないことを、やめることから、始めて下さい。

みんな、触りすぎだし、強すぎだし、長すぎ!!!

触りすぎ例

顔を触る癖や、目を掻く癖も、毎日やってしまっているならば、ちりも積もれば山となり、シミやくすみ、たるやシワを引き起こす要因になっているかも。
前髪が当たるだけでも、ダメージになるのですから。
当たってはいけない、という意味ではなく、そんな小さな刺激も、肌にとってはダメージだと知っておくことが大切です。
無意識に気になるところに触る癖のある方は、意識的にやめることをおすすめします。

強すぎ例

肌に触れる時は、優しく、ゴシゴシしてはいけない!と、多くの方が聞いたことがあるはずなのに、ほとんどの方は、強すぎるし、ゴシゴシしてます。
ご自身のタッチが強すぎるということ、その触り方は「ゴシゴシ」に当たるということが、分からないみたいです。

エステの時に、お客様のお顔に触れながら、「おうちでのスキンケアも、このくらいの力加減でやって下さい」と、お伝えすると、「はい!毎回言われているので、気を付けてます!」とお返事が返ってきます。
なのに、エステ後にメイクをされている様子を横から見ると、絶句するくらいに強い、というのは、あるあるです。笑

優しくとは、どのくらいかと言うと、お肌が動かないくらいです。
一切動かなければ、それは、とても上手な力加減です。

長すぎ例

クレンジングに1分以上は、長すぎます。15秒以内で。
洗顔に10秒は、長すぎます。5秒以内で。
化粧品を塗る時も、塗り込む作業は不要です。全体に伸びればそれで良いので、それ以上、摩擦などの物理刺激を与えることを、やめてみてください。

とにかく、やらなくていいこと、やらない方がいいかもしれないことを、多くの方が、沢山やってしまっています。笑
それをどんどん、やめていってください♡♡♡

✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。

触るのやめたら綺麗になった

嬉しい声が届いていますのでご紹介(๓´˘`๓)
これを読んだら、試したくなるでしょう、笑

触り方を変えただけで、一日でツルツルになったというご報告

なんと!
子どもの頃からあるシミが、薄くなった方まで出現✨

さらに、触れる時間を短くしてから薄くなった٩(ˊᗜˋ*)و

こんな方も✨摩擦を減らすと良いことだらけ!

触らないというのは、お手入れしないという意味ではなく、ダメージを与えることをやめる、という意味です。
みなさんが、スキンケアだと思っているものが、実は、違うのです。
刺激になってしまっているのです。

おすすめ動画2選

絶対に視て頂きたい動画を2つご紹介します(๓´˘`๓)

【毎晩12秒】プロが教えるクレンジング
私のクレンジングノーカット版

(1分19秒の短い動画です)

【ほとんどの人は強すぎる?】
本物のソフトタッチとは?
プロが教える正しい化粧品のつけ方

(こちらも、1分56秒の短い動画です)

おうち時間が長くなったことで、メイクよりもスキンケアへの意識が、高まっていますね(๓´˘`๓)
キャッチコピーや流行に翻弄されることなく、意味をきちんと理解して、スキンケアを楽しんで頂けることを願っています。

関連記事

PAGE TOP