自分を責め続ける刑【自己否定をやめたい方へ】

自分を責め続ける刑に処す

自分の本音に嘘をついたり、問題だと感じていることから逃げ続けても許されるか、と言うと、その生き方では、自分で自分を責め続ける刑からは、逃れられないです。

じゃあ、自分を許そう!って、そんなのは、根本的な解決には、ならないです。

なぜ責めたくなるのか?

自分責めの正体。
それは、心が痛いからといって、見ない振りをして、自分で自分に嘘をついてることや、問題だと感じることに対処していないことへの不満や、怒り。
自分で自分を分かってあげていないことへの不信感や、自分を幸せにすることを放棄していることへの後ろめたさです。

「責めるのをやめよう!」「自分を許そう!」と、そう思おうとすることは、解決にはなりません。

だって、心の中では、納得していないのだから。

本音に嘘をつかず、問題だと感じていることがあるならば、それと対峙し、納得するための行動を取ることで、結果的に、責める必要がなくなるのです(∗ˊᵕ`∗)

私の経験と、そこから得た能力

私が、苦しかった頃は、ここに向き合うことに、ものすごく時間と労力をかけました。
向き合っているつもりが、実は、逃げていただけだった、と気付くまでにも、何年もかかりました。

ただ、この経験を通して得たものがあるのです。

その心理状態とメカニズムを、鋭く見抜き、分析し、言語化したり、説明したりする能力。

正直、この領域への思考の密度は、誰にも勝るのではないかと思うほど。

思考の密度なんて比べる手段がないし、比べたことなんて、もちろんないのですが、それでもズバ抜けていると思ってしまえるほどに、こじらせまくった自分の心の中と現実の関係を、研究してきた自負があります!笑

また、そこに対して、半端ない興味と意欲が、湧き続けるため、人と関わる時も、そういう視点で分析することが身に付きました。

そんな私と相性ぴったりさんは!?

なんだか星占いみたいなサブタイトルをつけてしまいましたが、笑
このふざけたノリとは打って変わって、熱い想いを語っていいですか?笑

私は、この能力を、自分だけでなく人のためにも使いたいのです。

その代わり、ぴったりはまる人は、限られています、笑
同じタイプの人しか、はまらないです (๑•̀ㅂ•́)و✧

その中でも、喜んでくれる人は、もっと狭まります。
同じようなタイプで、本気で変わろうとしている人!

同じようなタイプでも、変わりたくない方にとっては、私の能力って、迷惑で仕方ないことでしょう、笑

変わりたくない人は、本当の問題を見たくないし、そこから逃げている自分を、許されたいので、変わらなくていいよと、肯定してくれる人のことだけが好きだと思うのです。

うっわぁ!逃げてるのは、そこだったかぁ!という会話を面白がったり、時には、凹んだりしながらも、課題をクリアしていくステージにいる方とは、相性ピッタリ!
絶対、楽しいことになります。

関連記事

PAGE TOP