自信がなくて高い商品を勧められない方へ

高い商品をお勧めしにくいというクライアントさんが、思考の転換と、ちょっとの工夫で、お勧めできるようになった事例をご紹介します。

彼女は、フリーランスのエステティシャンですが、みなさま、是非、ご自身のお仕事に置き換えてお読みください♡

  ++++++++++++++++++++

一番高いコースのご提案に挑戦しようとされたのですが、自信のなさから、結局割引きをしてしまうのだそう。
割引きをすれば言えるのだけれど、正規料金だと言いにくいとのこと。

ここで大切なのは、「自信がないから 安くする」のではなく、 「自信を持ってその金額を頂くためには、どうしたらいいか」 、この思考をもつこと♡

彼女の場合は、私がご提案したほんの小さな工夫で、簡単に、「それなら言えます」となりました(๓´˘`๓)

もちろん、色んなパターンがありますが、この方の場合は、簡単でした。

もし、今、あなたが、高いコースをお勧めできないなら、それは、自信がないからではなくて、自信を持って提案するためにはどうしたらいいかを、考えていないからかも!

「悩む」のと「考える」のは、違うのです。
どうやったらできるのか、本気で考えて

٩(* ‘ω’ *)وファイ

だってお仕事って、それが楽しいのですから

(๑´ლ`๑)フフ♡

ほんのちょっと言い回しを変えるだけ、ほんのちょっと表現を工夫するだけ、ほんのちょっとサービス内容をアレンジするだけで、可能になる場合があります。

新しい技術を習ったらとか、お金をかけてお洒落なサロンに引っ越したらとかではなくてね♡

今の自分が、今できるやり方で、自信を持って言えるようにするにはどうしたらいいか?

これを考えるんです(∗ˊᵕ`∗)

今のあなたのまんまで♡

関連記事

PAGE TOP